[Linux]ファイルを結合するには

カテゴリ:

splitコマンドで分割したファイル(ファイルを分割するには参照)を、元通りに結合するには、catコマンドを使用する。通常、catコマンドはファイルの中身を画面に表示するときに使用するが、本来は複数のファイルを連結するためのコマンドなのだ(catの名前はconcatenateから付けられた)。一般的には、ワイルドカードを使用して以下のように結合する。

$ cat sophos1.* > newfile.png

1つ1つファイルを指定して結合することもできる。

$ cat sophos1.aa sophos1.ab sophos1.ac sophos1.ad sophos1.ae sophos1.af > newfile.png

 ワイルドカードを使うとファイルは昇順に結合されるが、上記のようにファイルを指定する方法を使えば、結合する順番を変更することもできる。

[Linux]ファイルを分割するには

カテゴリ:

Linuxでファイルを分割するには、splitコマンドを使用する。その際に、よく利用するオプションは-bだ。-bオプションは、指定したバイト数でファイルを分割する。例えば、以下のように-b 1000とすると、1000bytesずつのファイルができることになる。-bオプションでは、単位を省略するとbytesになるが、-b 100kのように「k」を付けるとKbytes単位に、-b 1mのように「m」を付けるとMbytes単位で分割される。

$ ls -l
total 8
-rw-rw-r--   1 kony     kony         5929 Aug 5 15:48 sophos1.png
$ split -b 1000 sophos1.png sophos1. ←sophos1.pngを1000bytesずつに分割
$ ls -l
total 32
-rw-rw-r--   1 kony     kony         1000 Aug 5 15:49 sophos1.aa
-rw-rw-r--   1 kony     kony         1000 Aug 5 15:49 sophos1.ab
-rw-rw-r--   1 kony     kony         1000 Aug 5 15:49 sophos1.ac
-rw-rw-r--   1 kony     kony         1000 Aug 5 15:49 sophos1.ad
-rw-rw-r--   1 kony     kony         1000 Aug 5 15:49 sophos1.ae
-rw-rw-r--   1 kony     kony          929 Aug 5 15:49 sophos1.af
-rw-rw-r--   1 kony     kony         5929 Aug 5 15:48 sophos1.png 

上記の例では、作成されるファイル名を「sophos1.」としたので、sophos1.aa、sophos1.ab、......というファイルができた。これを指定しない場合は、xaa、xab、......というファイル名になる。

[awk]ファイルの○行目を表示

カテゴリ:

Perl使いなのですぐPerlにたよっちゃうんだけど、
やっぱりちょっとしたことをスマートにやるにはawkが有効なんですね。

■ファイルの中身を表示

$ awk "{print}" sample.txt

■ファイルのm行目を表示

$ awk "NR==m" sample.txt

■ファイルのm行目からn行目までを表示

$ awk "NR==m , NR==n" sample.txt

※"NR>=m , NR<=n"ではない

■ファイルのm行目以降(最後まで)を表示

$ awk "NR>=m" sample.txt

[Excel]ドラッグ&ドロップで時刻を秒単位でインクリメント

カテゴリ:

ドラッグ&ドロップで時刻を秒単位でインクリメントしたいとき

1行だけだと…
12:34:56
これをドラッグ&ドロップしても13:34:56, 14:34:56, …となっていくが、

複数行だと…
12:34:56
12:34:57
これをドラッグ&ドロップするとちゃんと12:34:58, 12:34:59, …と秒単位でインクリメントされる。

これは時刻だけではなく、普通の数字でも同じことが言える。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar