五輪閉幕!ソフトボールと野球の明暗

カテゴリ:

米国の4連覇かと思われていたソフトボールは、
上野の3連投(なんと2日間で413球)もあって見事初金メダル!
日本中が歓喜の輪となった。
単純に比較できないが、松坂の高校野球のときの優勝を思い出した。

一方、最悪の結果となってしまったのが星野JAPAN。
そもそも最初から、なかよし内閣(星野・山本・田淵)の実戦不足、
ケガ人多発、微妙な選手選考、練習試合不足など言われていたが、
まさにオリンピックのために一丸となってきた韓国・キューバ・アメリカに
1勝もできず、文字通り「惨敗」の結果に終わった。
阪神ファンの心理から考えると、矢野・藤川・新井はケガもなく、
心理的なダメージはあまりないと思われるが、
GG佐藤、岩瀬、川上は心理的なショックがしばらく残るだろうし、
川崎はケガが悪化して今季絶望の可能性もあるなど、
まさにふんだりけったり、何をしに行ったのか、となる。
# 逆に選ばれて疑問だった上原・成瀬は好成績を残した。。

敗因はいろいろあるだろうが、負けは負け。

今後、焦点になってくるのはWBC監督だろう。
星野JAPANが金メダルを取っていれば、その勢いでWBCに続いたのだろうが、
どう考えてもここで一旦リセットする必要がある。

選手については、イチロー・松井・松坂らの海外組も集まるだろうから、
本当の意味での日本代表が組めるからあまり心配はいらない。

監督については、オリンピックの惨敗により星野監督の雲行きが怪しくなった。
星野監督は好きだが、日本シリーズで優勝したことがない、というのも事実。
こういった短期決戦には感覚的に弱いと思われても仕方ない。
しかし、代わりにそれだけカリスマ性と実績を持った監督がいるかというと、
やはり王監督くらいしかいないが健康問題もあり、現実的ではない。
となると、星野監督に対抗できるのは野村監督くらいしかいないだろう。
実績は十分だし、最近はボヤキで国民の人気も得始めているから、
意外にありあえるかもしれない。
野村監督自身、書籍で何度も国際試合の監督をやらせろと言っているので、
要請がいった場合は快諾するだろう。
問題は、その要請がいくかどうかだが。。。
個人的には、どちらも阪神監督経験者で全然違うタイプの監督なので悩ましいが、
年齢的に最後のチャンスの野村監督をぜひ見てみたい。

とにかくディフェンディングチャンピオンで臨むWBCでの惨敗は
許されない状況となってしまった。
さて、どうなることやら。。。

サザン・無期限活動停止宣言ライブ

カテゴリ:

8/17、無期限活動停止を宣言しているサザンオールスターズの
(多分事実上の)ファイナルライブ第2日に行ってきた。

20080817_SOUTHERNALLSTARS_LIVE.jpg

続きを読む

人間ドック受診記

カテゴリ:

人生初の人間ドックを受けてきた。
そもそもあまりの健康体でここ10年間病院にかかったことがない(歯医者除く)が、
せっかく行くならということで東京ミッドタウンクリニックを選んだ。
なかなかよさげなところ。

前日に資料を読んでいたら、何と人間ドックは検便が必要とのこと。
知らなかった。。ということで、当日に事情を話したら、
検便だけキャンセルか後日持ってきて検査してもらうことができるらしい。
しかし、バリウムを飲んだ後はしばらくウンチが白いらしく、
そんな状態で便を取るのイヤだし、
また東京ミッドタウンまで持ってくるのも面倒なので今回はキャンセル。

検査服に着替えて、いざ人間ドックへ!

■血圧・採血

食事を抜いた上に睡眠時間が短いせいか、血圧は史上最低の上89
担当者に「女性みたいですね」と苦笑されてしまった。。
まあ、これでも寝起きはすこぶるいいし、貧血も起こしたことないんだけど。

■腹部超音波検査

これはちょっとキケンな匂いのする検査。
密室で担当医に腹にゼリーを塗られて腹のまわりを超音波検査される。
はじめは担当医は椅子に座って検査していたが、
担当医から見て遠い側にある脇腹の検査のときは、
こっちのベッドに乗ってきて体が密着する状態に。。。
担当医次第ではかなりヤバイ。
# 今回はベテランの方だったのでちょっと残念??

■身長・体重

身長は伸びてるわけもなく。
KONYもダイエットが必要というわけではないが
何かやってみようとカラダを引き締めるために
秘密の特訓(コアリズム)を初めていたせいか、
体重は4月の健康診断より3キロ以上減っていた。

■視力・聴力

高校生までは2.0を誇った視力も大学生になり0.8まで落ち込み、
このまま下がっていくのかなぁと思いきや、
研究室に配属され毎日PCを眺める生活になってから逆に視力回復(なんでやねん)。
就職してからも回復は続いて、現在は大体1.2~1.5。
ここの検査器も1.5までしか測定できないため(?)、今回は両目とも1.5。

■眼底カメラ

これは初めての検査。でもまぶしいだけで一瞬で終了。

■上部消化管X線造影

きました!
これ以外は普通の健康診断と変わりなかったが、
人間ドックといったらコレ。
ついに人生初のバリウムです!!
まず、お腹をふくらませるため炭酸と水を飲まされるのだが、
これが意外にきつかった、というより、
炭酸が飲みきれずに喉奥に残ってしまい妙な刺激を受ける状態で
バリウムを飲まされたため、ちょっと焦る。
しかし、バリウム自体は特に何の味もなくあっさり飲み干してしまった。
先輩もここのバリウムは一番うまいと言っていたが、
やはり味を変えているのだろうか。
ということで人生初のバリウムだったが、
今まで散々聞いてきたバリウムの不味さを経験できずにちょっと残念。。

しかし、バリウムを飲んだ後は、人間扱いされないひどい仕打ちが待っていた。
固い台の上で「うつぶせになって、また上向いて、斜め向いて止まって」とか
てめぇ、何様のつもりだ、と思わず言いたくなるような命令ばかり飛ばしやがる。
これ絶対ケガ人出ているだろうなぁ、と思いながら辱めに堪え、終了。

■胸腹部CT

なんかすんごい仰々しい機械だった。安全なのかな、これ。

他、心電図、胸部X線などを受診。
大体2時間近くで終戦。結果は1ヶ月後とのこと。

もっとたくさんの項目を受診できる人間ドックもあるのだろうが、
今回受診した人間ドックは健康診断に毛が生えた程度だった。

オールスター第1戦:久保田が金本のMVPを消しちゃった。。

カテゴリ:

平日にやっていてもどうせ観られないので、
プロ野球ニュースでまとめを見た。

ホームランダービー(旧:ホームラン競争)で一本も打てなかった金本が、
本番でダルビッシュからホームランを打つんだから、
ホントにその勝負強さには敬服します、はい。

そして、セリーグが1点リードのまま、
なぜか、8回に藤川球児が投げた後に、
9回から久保田といういつもとは逆の継投。
これはオリンピック中に活躍が期待される
久保田の心をへし折ってやろうという原監督の魂胆か??

恐れていたとおり、久保田が9回裏にまさかの
サヨナラ逆転タイムリーを山崎に打たれてジ・エンド。

セリーグが勝利していたら金本がMVPだっただけに、
試合後の久保田はきっと金本に謝罪しきりだろう。。。
オリンピック期間中、大丈夫か・・・???

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar