M-1 グランプリ 2008

カテゴリ:

12/21(日)、M-1グランプリ決勝戦が行われた。

<最終順位>
1.NON STYLE
2.オードリー
3.ナイツ
4.笑い飯
5.U字工事
6.ダイアン
7.モンスターエンジン
8.キングコング
9.ザ・パンチ

NON STYLE は分かりやすいコントで、
通常のボケ・ツッコミに加えて石田のひとりツッコミが面白い。
はじめのネタを見て優勝が確信できた。それくらい面白い!
M-1優勝という箔がついたので、
昨年のサンドウィッチマンみたいに今年1年は引っ張りだこになるだろう。

ナイツは初めて見たが、非常に知的で面白い。
決勝戦の「SMAP」よりも第1戦の「宮崎駿」の方が断然面白かった。
決勝戦に「宮崎駿」を持ってきていたら、優勝していたかもしれない。

オードリーは正直どこが面白いかさっぱり分からないが、
なぜか一部の審査員に人気があり、
決勝戦に進んだ上に優勝に手が届くほどの躍進となってしまった。

総評として、M-1グランプリは、結局審査員にいかに受けるかの大会という印象。
最後は、NON STYLEとオードリーで審査員が二分されて、
多数決でNON STYLEの勝ちとなった。
もちろん、どれも面白いので最後は審査員次第なのは理解できるが、
審査員は内容よりもヒトの好き嫌いで点を決めていたように思えてならない。
紳助は明らかにNON STYLE派、中田カウスはオードリー派、のように。

キングコングには失望。

テレビ放映について不満がひとつ。
ゲストは映す必要はまったくない!
芸の途中で何度もゲストを映されたので、芸人に集中できなかった。
生放送のため、なおさらそんなことやる必要ないのに信じられなかった。
芸の間は芸人だけ映していればよい。余計なことするなよ。。。

以上。

ピアノ発表会

カテゴリ:

つい1ヶ月くらい前からピアノを始めたという友人の発表会を聴きに行ってきた。

続きを読む

Twitter

購読

New Comment

New Entry

Tag Cloud

広告

広告

Calendar