低炭水化物ダイエット

カテゴリ:

今日、ちらっとあるある大事典を見たら、低炭水化物ダイエットの特集をやっていた。

たまたまポイントのところを見たので、以下にメモしておく。

なお、番組の趣旨としては、「脱」炭水化物ダイエットを行うことにより、確実なダイエット効果を望めるが、日本人として炭水化物を完全に抜くのは難しいし、脳の栄養補給に炭水化物は必要ということで、「低」炭水化物ダイエットを提唱するものである。

◆その1:炭水化物は90gは摂取する

 ‐日本人の炭水化物の1日平均摂取量は270g。
  それを90gに抑える。ご飯にして茶碗1,8杯分。
 ‐90gの理由は、脳が1日に必要なブドウ糖の量。

◆その2:6品目の摂取に注意

 ‐ご飯・パン・麺類・芋類・果物・菓子類の6品目は
  炭水化物量が多いため摂取を1/3に制限する。
 ‐逆に、それ以外の炭水化物食品はOK。

◆その3:夜は控えめに

 ‐睡眠中は脳が休息中でエネルギーが使われないので、
  夜に炭水化物は摂取しない。

<代替メニュー>どうしてもご飯、パン、ラーメンを食べたいときは…
・麺類 ⇒ 湯葉ラーメン (麺の代わりに湯葉でラーメンを作る)
・パン ⇒ 油揚げピザ  (パンの代わりに油揚げを焼いてピザ風にする)
・ご飯 ⇒ 豆腐ビビンパ (豆腐を粉々にしながら焼いてお椀に盛り、ビビンパにする)

<補足>きれいにやせられる肉:鴨肉
・ビタミンB2が豊富
・脂質の代謝を促進
・細胞の再生を促進
・他の肉と比較して、鉄、銅が多く含まれる
⇒鴨鍋などがオススメ

<補足2>
炭水化物ダイエットを検索するとさまざまな情報が見つかる。
炭水化物ダイエットは、既に非常に有名なダイエット法と言える。
上記情報だけではなく、いろいろな情報を得た上で、自分にとって最適なダイエット法を見つけ出すのが肝要と言える。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar