[WSH]ドラッグ&ドロップの方法

カテゴリ:

情報源はここ

WSH スクリプトにファイルをドラッグすることができます。ドラッグしたファイルの名前は、コマンドライン引数に変換されます。
これらのファイル名は一覧表示されるので、任意のスクリプトオブジェクトでファイルを操作できるようになります。

スクリプトの引数リストを表示するには

ファイルを作成し、スクリプトとして認識される拡張子を持つファイル名を付けます (DragDrop.vbs など)。
次の例のようなコードをこのスクリプトファイルに追加します。

Set objArgs = WScript.Arguments
For I = 0 to objArgs.Count - 1
WScript.Echo objArgs(I)
Next

ファイルをハードディスクに保存します。
1 つまたは複数のファイルをドラッグし、上で保存したファイルにドロップします。上に示したコードを使用している場合は、ファイル名が画面に出力されます。
スクリプトにドラッグできるファイルの数は、システムで許容されるコマンドラインの長さの上限によって決まります。ドラッグしたファイル名をすべて合わせた文字数がコマンドラインの長さ制限を超えていると、ドラッグ&ドロップ操作が失敗します。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar