株主総会

カテゴリ:

社会勉強がてら、アサヒビール社(以後A社)の株主総会に出席してきた。
場所は、ホテルニューオータニ。
オラクル社への訪問以外で行くのは久しぶりだ。
会場の鶴の間は、株主でごったかえしていた。
多分、2,000人は超えていたように思う。
ここまでの規模は想像していなかった。
さすがに、若者は少なく、頭が白かったり、頭皮が露出しているヒトが多かった。
また、いかにもスネ夫のかあちゃんみたいな女性もちらほら見られた。
うーん、ここらへんは偏見だろうか。。どうしてもそう見える(笑)。

今回は、この株主総会の詳細をレポートする。

はじめは、議長(社長)が、映像を交えながら、営業報告、賃借対照表、
損益計算書、連結B/S・P/L、議案を説明していくわけだが、
既に報告内容は郵送されていたから、私も含めて寝るヒト続出。。

しかし、質疑応答に入ってからはなかなか楽しかった。
こういう会議って、結局、面白いのは質問攻勢が始まってからだ。

いくつか、質疑応答の内容を紹介する。

1)北海道からはるばる来た酒屋の方が、A社の商品を採用してもらうよう、
 営業をかけたら、A社社員からその地域のバランスを崩すな、と怒られたそうだ。
 A社のためを思ってやったのに、感謝されるどころか注意されて、
 その怒りを社長にぶつけていた。
 社長がどこまで真摯に聞いているかにもよるが、一個人でも経営陣に対して、
 このような文句や不満を言える場なんだと改めて思った。

2)ワタミにA社のビールを入れるよう営業かけてくれ、という面白い提案。
 というか、ほぼ願望。。理由は、ワタミもA社も好きだから、らしい。。。
 日本のワタミは競合のS社ビールを採用しているが、
 海外はA社採用という意外な回答も返ってきて、
 日本は乞うご期待というところか。

3)A社の商品「新生3」のキャッチフレーズを提案していた。
 CMを想定して、キャッチフレーズを唄ってしまう始末。皆、大笑い。

4)配当についての質問。
 ここらへんから営業報告に対する内容へのツッコミが始まる。

5)執行役員の選考理由。質問者も固有名詞を言うことはなかったが、
 業績の悪い会社から外部取締役を選考している理由を聞いていた。
 恐らく、三洋電機の野中氏のことだろう。
 社長は今までの貢献度合を考慮して決定した、と用意したような回答だったが、
 鋭い質問にまわりの株主も賛同していた。

6)買収防止策についての質問。
 新会社法を目前にして、やはり買収防止策への関心は高いようで、
 同じような質問が続いた。しかし、A社側は現在鋭意検討中、ということで、
 具体的な回答は避けていた。

7)中国戦略。
 昨年の中国での暴動を憂慮して、今後のリスク管理、
 水をはじめとした品質の保持についてつっこんでいた。
 このとき回答した役員が、非常に明快に、中国での暴動には左右されないような
 A社の取り組みを説明、今後のビジョンも納得性のいくものだったため、
 株主一同拍手がわき起こった。

8)CSRや社員教育について。

9)環境適応力について。
 ISO10041取得状況などを質問していた。
 ※聞くまでもなく今やどこだって取得しているだろう。。

10)全体がざわついたのが、ある株主が怒って社長の「解任動議」を発動したとき。
 「去年の総会ではアンタ(社長)は○○言ったが、今年は○○だと?」
 「言っていることが貫徹していない。信用できない!解任動議を発動する!」
 という流れで解任動議が発動され、質問者にやじをとばす株主多数。
 議長はすぐに解任動議の却下について株主に問い、株主の大拍手を持って、
 解任動議は一瞬にして散った。ただ、なかなか面白いものを見た。

そして、長い長い質疑応答がようやく終了し、議案の賛否を採決し、ようやく閉会。
その後はA社の商品の試飲会。(ビール・発泡酒が自由に飲める)
5/30発売予定の第3のビール「ぐびなま。」も試飲できた。
「新生3」もこのとき初めて飲んだが、
よくここまでビールに似せて作ってあるなぁと感心した。
まあ、私は断然ビール派だが。
仕事に戻らねばならなかったので、一応、適正飲酒。

最後に、おみやげとしてA社商品詰め合わせももらった。
なかなか、株主総会は面白いし、お得なイベントということが分かった。

なお、出席した感想として、終始、株主を大事に扱っている印象を受けた。
昔からそうだったのか、昨今の株主優位の情勢を受けてかは分からないが、
悪くない。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar