Windowsブートローダ(NTLDR)からLinuxを起動する

カテゴリ:

WindowsとLinuxを共存させる場合、
さまざまなブート方法が考えられるが、
Windowsをメインに利用しているユーザのために、
Bootpartを利用して、
Windowsブートローダ(NTLDR)からLinuxを起動する方法を紹介する。

通常、Linux上でブートセクタをファイル化してWindowsにコピーするが、
この方法では、Windows上でそれを実施する。
従って、Linuxインストール時、起動ディスクを作成する必要はない。

①Windowsをインストールする
②Linuxを別パーティションにインストールする
 →このインストールのときにブートローダ(GRUB)をMBRではなく、
  Linuxをインストールしたブートパーティションの最初のセクタに
  指定すること。RHEL3のインストーラであれば、ブートローダの
  インストール時にオプションを選択してブートローダの格納先を
  変更できる。
③Linuxインストール後、再起動してWindowsを起動
Bootpartをダウンロードして、bootpart.exeをC:\に置く。
⑤DOSプロンプトで以下のように実行する。


C:\>bootpart
Boot Partition 2.60 for WinNT/2K/XP (c)1995-2005 G. Vollant (info@winimage.com)
WEB : http://www.winimage.com and http://www.winimage.com/bootpart.htm
Add partition in the Windows NT/2000/XP Multi-boot loader
Run "bootpart /?" for more information
 
Physical number of disk 0 : d353d353
 0 : C:* type=7  (HPFS/NTFS), size= 30716248 KB, Lba Pos=63
 1 : C:  type=f  (Win95 XInt 13 extended), size= 125564040 KB, Lba Pos=61432560
 2 : C:  type=7   (HPFS/NTFS), size= 51199123 KB, Lba Pos=61432623
 3 : C:  type=5   (Extended), size= 71682030 KB, Lba Pos=163830870
 4 : C:  type=83    (Linux native), size= 71681998 KB, Lba Pos=163830933
 5 : C:  type=5    (Extended), size= 2096482 KB, Lba Pos=307194930
 6 : C:  type=82     (Linux swap), size= 2096451 KB, Lba Pos=307194993

上記より、ファイル化したいブートセクタを番号で選択する(ここではLinuxパーティションの4)。
以下のように、ブートローダに表示される名前を指定して、実行する。
この実行により、C:\boot.ini が自動的に更新される。


C:\>bootpart 4 c:\bootsect.pdr "RedHat Enterprise Linux 3 ES"
Boot Partition 2.60 for WinNT/2K/XP (c)1995-2005 G. Vollant (info@winimage.com)
WEB : http://www.winimage.com and http://www.winimage.com/bootpart.htm
Add partition in the Windows NT/2000/XP Multi-boot loader
Run "bootpart /?" for more information
 
Physical number of disk 0 : d353d353
 0 : C:* type=7  (HPFS/NTFS), size= 30716248 KB, Lba Pos=63
 1 : C:  type=f  (Win95 XInt 13 extended), size= 125564040 KB, Lba Pos=61432560
 2 : C:  type=7   (HPFS/NTFS), size= 51199123 KB, Lba Pos=61432623
 3 : C:  type=5   (Extended), size= 71682030 KB, Lba Pos=163830870
 4 : C:  type=83    (Linux native), size= 71681998 KB, Lba Pos=163830933
 5 : C:  type=5    (Extended), size= 2096482 KB, Lba Pos=307194930
 6 : C:  type=82     (Linux swap), size= 2096451 KB, Lba Pos=307194993
 
Writing a boot sector using LBA position 163830933 (0x9c3dc95)
c:\bootsect.pdr written
C:\BOOT.INI updated

また、boot.ini の timeout や default を変更することにより、
ブートローダのタイムアウト値やデフォルトで起動するOSを変更可能。

下記は、RHEL3をデフォルトで起動するboot.iniの設定。


[boot loader]
timeout=5
default=c:\bootsect.pdr
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows Server 2003, Enterprise" /fastdetect
c:\bootsect.pdr="RedHat Enterprise Linux 3 ES"

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar