[Oracle]表領域やオブジェクトのDDLを確認するプロシージャ

カテゴリ:

表定義を簡単に確認したい場合は describe コマンドが有効だが、
各種オブジェクトのDDLを確認したい場合は
DBMS_METADATA.GET_DDLプロシージャを利用するとよい。

結果はCLOB型で表示されるので、
line, pagesize, long の値を大きめにしておこう。

【実行例】

SQL> set lin 200 pages 50000 long 2000000000
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('TABLESPACE','TBSNAME') from dual;
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('TABLE','TABLENAME','USERNAME') from dual;
SQL> select dbms_metadata.get_ddl('VIEW','DBA_EXTENTS') from dual;

[参考]
KROWN#63106 既存の表・索引・表領域のDDL文を作成する方法 (DBMS_METADATA.GET_DDL)

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar