今日はエレベータの日

カテゴリ:

今日、11/10はエレベータの日。

1890年(明治23年)11月10日、東京・浅草に日本初の電動式エレベータが
完成したのにちなんで日本エレベータ協会が定めた。

動力を使ったエレベータが登場するのは産業革命以降で、
1835年に蒸気機関を利用したものが英国の工場で使われたのが最初である。
ただ、当時のエレベータには荷物が載るかごを引っ張るロープが切れると
墜落する欠点があった。
この問題を解決したのが、米国人技師のエリーシャ・オーチスである。
万が一、ロープが切れてもバネの力でかこが固定される安全装置を1852年に発明し、
これが契機となって人員輸送用として普及し始めた。
オーチスは、エレベータ製造会社を設立。
1889年に電動式エレベータをニューヨークのビルに設置して以降、
次々に採用され、ニューヨークの摩天楼化に拍車がかかった。

電動式エレベータが日本に輸入され、
国内で初めて1890年に設置されたのが東京・浅草の凌雲閣。
当初は官庁や大企業に広まったエレベータがデパートに入ったのが1911年。
東京・日本橋にあった白木屋(元東急百貨店日本橋店)が最初である。
内部にはベンチがあり、一緒に乗り込む少年が運転した。

この頃から、日立製作所など国内メーカもエレベータの製造を開始。
戦後の経済復興とともに普及していった。
建物の高層化によるスピードアップも目を見張るものがあり、
1978年開業のサンシャイン60のエレベータは分速600mだったが、
1993年開業の横浜ランドマークタワーでは分速750mに達した。
現在、世界最速は台湾・台北市にそびえる、
超高層ビル「TAIPEI101」の分速1,100mである。東芝エレベータ製。

また、エレベータは、特にオフィスビルなどでは、
限られた台数でいかに効率よく輸送するかがポイントとなる。
そのためのアルゴリズムを各社は凌ぎを削って開発している。
よくエレベータを待っていると、
あまりにおバカな動きにイライラすることがあるだろう。
これは、きっとエレベータアルゴリズムに関連するものと思われる。

さらに、ソフトウェア的アプローチではなく、
エレベータの概念そのものを変えてしまうアイデアも実現に向かっている。
例えば、日立製作所の観覧車式エレベータ。
2台のエレベータが入るスペースに片方は上昇専用、片方は下降専用にして、
複数のエレベータを観覧車みたいに循環させる方法である。

エレベータは進化し続けている。

▼観覧車式エレベータ
elevator.jpg

[ご参考]
予測するエレベーター だんご避け、待ち時間少なく
将来予測知能群管理エレベーター(日立製作所)
観覧車式エレベータ

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar