IME2007カイゼン作戦

カテゴリ:

半年前、Office2003がクラッシュして、
再インストールをしても復旧不能になったため、
仕方なくOffice2007を導入。
しかし、重い、遅い、使いづらいと最悪な上に、
IME2007があまりにアホな変換ばかりするので、もううんざり。。

IME2003に比べておバカになったと言われるIME2007。
マイクロソフトは、「OfficeのIME2007を使わずにVistaのIMEを使ってください。」と言い出す始末。

そんなIME2007のカイゼンに乗り出してみた。

1. 学習機能への対処

IME2007はとくかくおバカ、もの覚えが悪いと言われている。

設定によっては、再起動すると学習した内容を忘れる場合がある。
[IME2007のプロパティ]ダイアログ-[辞書/学習]タブ-[学習設定]-[学習する]にチェック、
さらにその下の-[学習情報をファイルに保存する]にもチェックをつける。
しかし、これはデフォルトでチェックがついていたようだ。

IME2007は「単語」ではなく「文脈」で学習していくタイプのIME。
「芸人」で変換した時と「芸人は面白い」で変換した時では、
別々に覚えるみたい。

従って、従来のIMEやATOKとは、覚えさせ方が違うと思った方がよい。
単語単位で覚えさせようとしても、なかなか期待通りの反応にはなってくれない。
「文章単位での入力→変換」で使っていくと、割と学習がさくさく進んだりする。
ここは、好みが分かれるところだろうか。

2. Outlook連携機能への対処

人名変換のためにOutlookのアドレス帳と同期を取るらしい。

Outlookのアドレス帳なんて同期しなくてよいので、
システム辞書からOutlook関連の辞書を削除する。

[IME2007のプロパティ]ダイアログ-[辞書/学習]タブ-[システム辞書]
 →「Outlook連絡先辞書(姓/名)/Outlookグローバルアドレス一覧辞書(姓/名)」の4ファイルを削除。

3. 予測入力

予測入力を有効にするには[IME2007のプロパティ]ダイアログ-[予測入力]タブ-[設定]-[予測入力を使用する]にチェックする。
さらに入力履歴をメモリではなく、ファイルに保存するように変更する。

Office以外のソフトでも予測入力を可能にしたい場合にはもうひとつ、
[テキストサービスと入力言語]ダイアログ-[詳細設定]-[互換性の構成]-[詳細なテキストサービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する]にチェックを付けておく必要がある。
設定後は、再起動が必要。

[テキストサービスと入力言語]ダイアログは、コントロールパネルの「地域と言語のオプション」の「言語」-「テキストサービスと入力言語」タブの「詳細」をクリックすると表示される。

4. キー設定

単語レベルの学習をなかなかしてくれなかったが、
キー設定を「ATOK」から「Microsoft IME」に変更したら途端に学習してくれた。
本当は、キー設定はATOKの方が秀丸(Emacsカスタマイズ)と相性がいいのだが。。。
これは、マイクロソフトの策略か。

■結論

これで、半月使ってみたが、やっぱりおバカは変わらないし、非常に重いので、
結局、ATOKに乗り換えることにした。。無念。。。

[参考]
http://salv.miscnotes.com/2007/02/ime2007.php

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar