[Tigers2008] 6/11 今シーズン初の6連勝!!!

カテゴリ:

6/11 ×西武 4 - 6 阪神○

今シーズン、西武ドームで負けなしの石井一久。
しかし、初回からいきなり高橋のタイムリーで2点先制!

上園は前回今シーズン初登板で西武に勝っているだけに期待したが、
1回裏いきなりピンチを迎える。無死満塁。
ここで当たっている4番・ブラゼル。
少なくとも1点、下手したら大量失点を覚悟したが、
ここから圧巻の三者連続三振。
上園はランナーを迎えてから本当に心臓が強い。
岩田もそうだが、この向かっていく姿は非常に頼りになる。
能見や杉山にも見習ってほしい。。

2回には、珍しくフォードのホームラン。
しかし、たまに打つだけならいらないよ。
一体、いつまでフォードは使うのだろうか。。

西武の中村のホームランで1点返された後に、
バルディリス・赤星ヒット、関本いつもどおりうまいバント、と続き、
新井のときにワイルドピッチ1点、金本の犠牲フライで1点。
タイムリーはないが、阪神らしいそつのない得点の重ね方。

上園は勝利のかかる5回に2点失うが、何とか5回3失点で凌ぐ。
もちろん、先発投手なら6,7回までは投げてほしいが、
西武相手に5回まで素晴らしいピッチングを見せてくれた。

そして、盤石の中継ぎ陣を6回からつぎ込む。

まず、6回渡辺。とにかくすごい!
圧巻の三者連続三振。渡辺は絶好調だ。
まずい、このままだと久保田のかわりにオリンピック代表間違いなしだ。。

そして、その問題の久保田。
ボカチカにあっさりホームランを打たれて1点差。
どうした、どうしたんだ?栄光のホールド王の称号が泣いている。
さらに無死1,2塁で中島。あぁ、また久保田なのか、と思っていたところ、
中島の打球がバルディリスのすぐ横に。
3塁を踏んで2塁へ。あわやトリプルプレイかと思ったがダブルプレイ。
これが大きかった。
そして、当然、ブラゼルにはウィリアムス。見事センターフライにしとめる。

8回には葛城ヒット、矢野バント、そして代打の神様・桧山登場で大盛り上がり。
驚異の打率を誇る桧山がライトオーバーのタイムリー!ホントすごい!
今日のヒーローは桧山だった。

最後は、藤川。圧巻の三者連続三振!!!

初の6連勝!両リーグ通じて40勝一番乗り!!交流戦単独首位!!!
もう、言うことはない!勢いが止まらない!優勝へまっしぐら!

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar