iPhone ゲット!しかし・・・

カテゴリ:

近くのソフトバンクショップに在庫があったので、
iPhone を買ってみた。
iPod なら白だろ、ということで16GBのホワイトモデルを購入。

しかし、落とし穴が待っていた。。。

落とし穴1:端末価格は 80,640円?

iPhone 自体はAppleが提示している 299ドルのはずだが、
店頭では購入時は 16GBモデルなら 80,640円と説明される。
(8GBモデルは 69,120円)

分割払いにすると
12回分割:毎月6,720円
24回分割:毎月3,360円
の支払いとなる。
その上で、スーパーボーナス契約(2年縛り)により、
毎月 1,920 円の割引が適用されるため、
24回分割で 3,360 - 1,920 = 1,440 円が端末価格への
毎月の負担金となる。
これを2年支払えば、1,440 x 24 = 34,560 円となり、
これが実質の端末価格となる。
しかし、ソフトバンクの端末価格はあくまで 80,640円。
2年経たずに途中で解約してしまうと、
割引額を全額負担することになるので端末価格として
80,640円充当分を支払うことになる。

一方、一括払いにした場合は、最初に 80,640 円を支払い、
後は毎月の通信料金から 1,920円が割り引きされることになる。

通信料金は、iPhone 用にコースが決まっており、最低限、
ホワイトプラン:980円
S!ベーシックパック(i):315円
パケット定額フル:5,985円
の3つが必要なので合計 7,280円が毎月かかる。

これからさきほどの割引額 1,920円を引いた 5,380円が
毎月の実質の通信料金となる。(ただし2年間だけ)

ということで、iPhone を 80,640 円で購入して、
毎月 5,380円(2年間定額)の通信料金を支払う

と認識した上で購入する必要があるようだ。

まあ、2年間は使うと思うが、これだけ縛りがあっては、
iPod touch になく iPhone にしかない機能(電話・3G Web・GPSなど)が
どうしてもほしい場合以外は、あまり購入はオススメできないかもしれない。
iPod touch は9月にはニューモデルも出るだろうから。

ところで、iPhone のニューモデルが出た場合、どうなるのかなぁ??

なお、ドコモは全然使えないフルブラウザで
パケホーダイフルが毎月 5,985円だったため、
それの代わりとして iPhone 買ったので、そこは想定どおりの料金か。。

落とし穴2:iTunesが使えない!

iPhone を iTunes で使うためには、
iTunes を 7.7 にバージョンアップする必要がある。
自宅のPC環境でバージョンアップを行ったところ、
「AppleMobileDeviceHelper は動作を停止しました」
というメッセージが止まらなくなってしまった。
このメッセージはトップウィンドウに出てくるからタチが悪い。

調べていたら、

Windows Vista + ATOK + iTunes 7.7

の環境でのみ発生するらしい。(うーん、結構この環境のユーザは多いと思うが)

とりあえず、エラーを出なくなる対処はできたが、
iPhone をPCに接続しても
「シンクサービスからデータクラス情報を読み込めません」
というメッセージが出て iTunes と同期できないので、
何もできず。。。そんな。。。

現在、、AppleとJUSTSYSTEMSが共同で調査中らしい。

うーん、買うのを早まってしまったか。。。(^^;

「AppleMobileDeviceHelper は動作を停止しました」対処方法
JUSTSYSTEMSサポートページ

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar