レッドクリフ(赤壁)

カテゴリ:

続編ものの映画は、絶対観たら後悔する、と分かっていながら、
レッドクリフ PertⅠを公開日に観に行ってしまった。
池袋に引っ越してから映画館が近くなったのは嬉しい。

確かに三國志の世界を映画化したジョン・ウー監督の試みは賞賛するが、
レッドクリフとか言いながら、赤壁の海戦が始まるのはやはりPertⅡから。。
うーん、早まったか。。

そもそも周瑜と孔明はこんなに仲良くないだろう。。
三國志演義も正史と違う話だが、この映画はさらに三國志演義に脚色を
しているようだ。
金城武の孔明はなかなか似合っていた(でも迫力はあんまりなし)が、
トニー・レオンの周瑜は美周郎のイメージからはほど遠いものがあった。

ただ、見せ場がなかったわけではない。
趙雲が阿斗を抱えてひとり長坂まで戦いぬくシーンや、
諸葛亮の八陣図を映像化したシーンはファンとしては楽しめた。

最後の各武将の闘いっぷりは、もう三國無双の世界(笑)
ありえない格闘シーンばかりで正直笑える。
特に張飛。あれはギャグ以外の何物でもない。(^^;

早くPartⅡを観たいものだ。

RedCliff02.jpg

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar