K-1 WORLD MAX 2009 日本代表決定トーナメント

カテゴリ:

背の高い選手(特にS.シュルト)が連覇し出してから
面白味のなくなったK-1ヘビー級よりも、
K-1 MAXの方が断然熱い!

今回は魔裟斗に続く日本代表の決定トーナメント。
ミドル級はパワーとスピードのバランスが取れており、
スピーディかつKOありのファイトが見られ、興奮する。
K-1ヘビー級もかつてはレイ・セフォーやマーク・ハントなどの
名勝負が見られたが、今はその面影は残っていない。
かろうじてピーター・アーツが頑張ってくれているところくらいか。

さて、このK-1 MAXだが、今回も非常に面白かった。
注目は何と言ってもコスプレファイター長島☆自演乙☆雄一郎。
こういうの好きだ。(笑)
これで強ければ尚更だ。

そして、いざゴングが鳴ると、実際に強いではないか。
K-1には珍しい縦拳といって正面から伸びるパンチに
対戦相手は大苦戦。どうも見えづらいらしい。
その縦拳を武器にパンチを当てまくる長島。
1回戦はKO勝ち、2回戦もいいところまで行ったが、
1回戦で切った目の上の傷から大量出血してドクターストップ。。
2回戦でTKO負けを喫してしまった。
しかし、もしドクターストップがかかっていなかったら、
2回戦も正直分からなかった。
今後が楽しみなファイターの登場である。

決勝戦は、小比類巻太信 vs 山本優弥。
また、これも白熱する試合だった。
両者譲らぬ打ち合い、ダウン、そして執念のパンチ・キック。
素晴らしいファイトだった。
久々に3ラウンド通して興奮するファイトを見た。

最後に油断しつつも何とか振り切った小比類巻太信が優勝。
延長戦、長島戦をくぐり抜けてきた山本優弥も賞賛の嵐だった。

K-1 MAX、やはりいいね!

[関連URL]
K-1 MAX
長島☆自演乙☆雄一郎

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar