何でもPDF化「ScanSnap」

カテゴリ:

以前から ScanSnap S510 というPDF化スキャナを愛用していたが、
ScanSnap S1500新発売ということで乗り換えた。

ScanSnapはワンタッチで紙の両面読み取りをしてPDF化する機器。
雑誌で文書のデジタル化の特集があれば必ず紹介されるほど有名な人気商品である。

自宅ではあまりPDF化の要件はないのだけど、
新聞・雑誌の一部のページや旅行先でもらった紙状のものなどを
デジタル化して保存しておきたい、というときに重宝する。

得てして保存したものを後で見る機会はあまりないのだが、(^^;
保存しておくことにより安心感が得られ、
それによって不要な紙の処分が進むので効果はあると思っている。

以下、新製品のS1500の使用レポート。

S510とS1500の読み取り速度のカタログスペックの比較は以下のとおり。

・S510
ノーマル    :両面・片面 18枚/分
ファイン    :両面・片面 12枚/分
スーパーファイン:両面・片面 6枚/分
エクセレント  :両面・片面 0.6枚/分

・S1500
自動解像度モード:両面・片面 20枚/分
ノーマル    :両面・片面 20枚/分
ファイン    :両面・片面 20枚/分
スーパーファイン:両面・片面 20枚/分
エクセレント  :両面・片面 5枚/分

※自動解像度モードはS1500からの新機能
※ノーマル:カラー150dpi、白黒300dpi相当
※ファイン:カラー200dpi、白黒400dpi相当
※スーパーファイン:カラー300dpi、白黒600dpi相当
※エクセレント:カラー600dpi、白黒1,200dpi相当

見て分かるとおり、解像度が高いほどスピードアップしている。
私は普段エクセレントなど高解像度で使うことが多いが、
実際に使ってみても体感的に相当スピードアップしていた。

デザインは好みの分かれるところだろう。
実用上はまったく問題ないが、
耐久性はS510の方があったのではないかと思う。

なお、普通に購入すると3万円以上はする
Adobe Acrobat 9 Standard がバンドルされていてお得感がある。

久々のニューモデルということもあり、
文書のデジタル化(PDF化)を検討している方は、
ぜひこのScanSnapをオススメする。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar