Outlookでカレンダ共有

カテゴリ:

会社ではスケジュール共有にOutlookを使っているが、
チーム共通のスケジュール(定例や休み連絡など)を一元管理するために、
Outlook2007の「インターネット予定表」という新機能を使ってみた。

Outlook のインターネット予定表は、
ネットで一般公開されている iCalendar 形式のカレンダを購読することができる。

購読方法は [ツール] - [アカウント設定] - [インターネット予定表] で iCalendar のURLを指定する。
指定したカレンダが左下の「その他のカレンダ」に登録されるので、
そのチェックボックスをオンにするとカレンダが表示される。
ネット上の iCalendar が更新されると Outlook 側も更新される。(更新間隔は調査中)

つまり、Google Calendar と同様に一般公開されているカレンダを Outlook に取り込むことができるわけだ。
Outlook2007 では、複数の予定表をひとつに重ねて閲覧できるので、
ほとんど Google Calendar と同様に表示できる。
それでも、Outlookの使い勝手は圧倒的にGoogle Calendar に劣るが。。

なお、社内で共有するスケジュールは一般公開するわけにはいかないので、
iCalendar 形式のカレンダを作成して社内Webにアップしてそれを購読すればよいだろう。
ただ、この場合、読み取り専用のためカレンダの書き込みができないのでちょっと不便。
もう少しよい方法を模索中。

もちろん、共通スケジュール用のアカウントを作成すればもっと簡単に共有できるのだが、
今回はアカウントを作成せずに共有する必要があったのでその方法を検討してみた。

まだまだ改善の余地あり。。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar