ヴァイオリン発表会に向けて

カテゴリ:

習い始めて2年以上になるヴァイオリンだが、初の発表会開催が決まった。

といっても、通常はヴァイオリンコースは発表会はないため、うちの教室オリジナルということになる。従って、完全に内輪の発表会。場所も外部ではなく教室内の広めの部屋を借りて行う。ただ、第2回以降は拡大の計画もあるとのこと。ナオコ先生はこの手の企画をいろいろ考えてくれるのでありがたい。

開催日は8月。4月からは発表会に向けて練習開始している。うーん、それでももう3ヶ月もないんだなー。。つらい。。

KONYは、グループレッスンと個人レッスンの2つを受講しているため、2曲やることになってしまった。
グループではバッハのガヴォット、個人ではコレルリのラ・フォリアを選んだ。

バッハのガヴォットは無伴奏じゃない方。バロック形式でいかにもバッハという曲で、正直これ選んでよかったのかなぁとみんなで思いつつ練習する日々(正確には週1回だが)。(^^;
一方のコレルリは、ヴァイオリンを始めてから知った作曲家だが、いくつかの曲を聴いたり弾いたりしている内にあっという間に虜になった。コレルリはバッハよりも古いイタリアの作曲家にしてヴァイオリニストだが、いずれの曲も素晴らしい!特に今回選んだラ・フォリアは自分の中ではコレルリの最高傑作だと思う。いろいろなアレンジが出ていて、それを聴き比べするだけで楽しいのだが、今回は発表会ということを考えて、スズキ・メソードでおなじみの鈴木鎮一氏のアレンジした曲の前半部を弾くこととした。(全部は無理ッス!)

今日は発表会に向けてグループのメンバでキックオフ飲み会を決行。とりあえず気合いは入った!(笑)
ちなみに利用したお店は KICHIRI 渋谷店 だったが、内装がキレイで渋谷とは思えない空間だった。料理も上品でドリンクも良心的なお値段。個室もあるので重宝しそうだ。

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar