Simon & Garfunkel 日本ラストコンサート in 日本武道館

カテゴリ:

7/15(水)、異様な暑さの中、仕事を終えてすぐに日本武道館に向かった。
そう、Simon & Garfunkel の事実上の日本ラストコンサートを聴きに行くためだ。

20090715_Simon_and_Garfunkel_640_480_001.jpg

洋楽はあまり多く聴くわけではないが、昔、The Beatles、Simon & Garfunkel、Billy Joelを聴いて入門したので、やはり会いに行かなくてはならない気がした。(笑)

ところが、ヒドイのが座席。
確かに日本武道館は東京ドームと違って、ステージも近いしネットもないのでより近くで歌い手を拝めるというのはわかる。しかし、ドームならS席が13,000円のところ、

S席:20,000円
A席:18,000円
B席:15,000円

という設定なのだ。
さすがにS席は最後まで売れ残ったらしい。
ちなみに、KONYは何も考えずにとりあえずSだろ、ってアホみたいにS席をゲット。

しか~し!
いざ、行ってみたら、見てよ、ここだよ↓

20090715_Simon_and_Garfunkel_640_480_002.jpg

もしかしたらアリーナかなぁ、最低でもど真ん中かなぁ、最悪でも1階だよね、と思っていたら、なんと2階ですよ!これがS席なのデスカ??どんな有名人のライブでも定価で20,000円出せばそこそこ良い席のはずなのに。。S席でこれならA席、B席は一体どんなにひどいの?あるいは、A席との境目だった?だとしたら悲しい。。

ちなみに、まわりは若いヒトも意外にいるが、さすがに年配の方が多い。

ヒドイ仕打ちにしばらく呆然とする中、いよいよ Simon & Garfunkel 登場!
彼らもオジサン軍団だった(笑)。ていうか、Simon & Garfunkel はもうオジイサンだよな。

いざ開演すると、往年の名曲を中心に今も変わらぬ優しい歌声でファンを魅了。大盛り上がり!座席への不満も吹っ飛んでしまった。
The Sound of Silence、Scarborough Fair、A Hazy Shade Of Winter、Bridge Over Troubled Waterあたりを生で聴いたときは当然大歓声だったし、震えたわ。
ただ、普段聴いているのは若いときにレコーディングしたCDなわけで、さすがに歳を取ることによる歌、音、表現の変化が目立つ。これは円熟味が増したとも言えるし、昔のようには歌えないとも言える。心地よいとともに一抹のショックも感じる、微妙な心情だ。

それでもやはりいいものはいいわけで、あっという間の2時間30分だった。

ありがとう、Simon & Garfunkel!

※セットリストは判明したらアップ予定

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar