もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

カテゴリ:

長いタイトルだ。(笑)
雑誌の紹介を見て気になっていたところ、Amazonでも品切れが続く爆発的人気となっていたので、早速読んでみた。


内容はあくまで小説なので1~2時間でさっと読める。

本書は、とある高校の野球部の女子マネージャが、
ドラッカーの『マネジメント』を読んで野球部を変革し甲子園を目指すという、
異色の物語である。
このアイディアは面白い。誰もが興味を持つ高校野球が題材なのも秀逸。

本書では、ドラッカーの『マネジメント』が随所で引用され、
野球部と部員、それを取り巻く環境をうまく定義づけている。
主人公である女子マネージャの川島みなみが悩みながらも、
顧客創造、マネジメントとイノベーション、社会的責任、トップマネジメントなど、
ひとつひとつ野球と結びつけてマネジメントを進めていく。

本書が人気を博しているのは、
単に『マネジメント』に沿って物語を展開させているのではなく、
高校野球の青春小説として読んでも十分面白いところだろう。
最後は意外なドラマが待っていて、意外にも泣ける。

ドラッカーの入門の入門として良書だと思う。

読了後に知ったのだが、著者は、秋元康氏に師事し、
AKB48をプロデュースした岩崎夏海氏。
登場人物の何人かはAKB48のメンバをモデルにしているとのことだが、
主人公の「みなみ」は『タッチ』の朝倉南を意識してのものだろうか?

さて、これを機会に『マネジメント』を読んでみるかな。
もちろん、完全版ではなく、エッセンシャル版だが。。


Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar