速読講座第10回

カテゴリ:

ついに速読講座も最終回!

周りにも150kmの球を打てたという報告が増えた。
このレッスンで自信をつけられたヒトは、
きっと満足のいく成長を感じているのだろう。

今回の重要ポイントは以下のとおり。

・ここ(会場)でできたことを受け容れる。その回数を増やしていく。
・この講座は「知っている」と状態になれるようにするためのもの。ずっと同じ教材を使って速読できるようになって、自分の脳が速読できることを知っている状態にして、新しいモノを読むときでもその状態を応用できるようにする。
・1ページを30秒で読むヒトと3秒で読むヒトの違いは「受け取り方」。
・30分で読めると思ったら、25分で読める自分になろうと考えるとリズムが上がる。
・何かやる前に「ページめくり」。途中で不安になったらページめくりをしている姿を想像する。
・無意識のように脳の回転が速い方が実は脳は楽ちん。例えば、夢は超高速処理だがリラックスしているときに現れる。速読も同様で、速く読む方が遅く読むよりイメージがどんどん来てしっくりくる。
・一歩上を経験することにより今を安定させる。
・めくりながら読む。ページの最後まで読んでからページをめくるのではなく、残り3行くらいになったらページをめくり始める。

呉真由美先生の新著の紹介。

受講した自分が言うのだから間違いないが、
呉先生の著書には実際のレッスンで教えることが惜しみなくすべて書いてある。
受講生からは、書籍で内容を明かしすぎだ、というクレームもあるという。
ただ、呉式のマインドと習慣をつけるには、
ちょっと高いが講座を受講するのが得策。

正直、自分の速読力は受講前から2倍くらいで、
期待したほどのスピードは出ていない。
ただ、数ヶ月後に受講する振替レッスンまでにトレーニングを続けて、
もう少しスピードアップを図りたいと考えている。

そして、次の振替レッスンまでに、
バッティングセンターに行って150kmにチャレンジする!

なお、本日のレッスン後に懇親会があったのだが、
明日提出の課題をやらなければならなかったので退出。残念。

[☆速読インストラクター!呉真由美のブログ☆]
5月25日、26日はこんな日・・・(^^;)

Twitter

購読

New Comment

Tag Cloud

広告

広告

Calendar